結婚できない女性の特徴

結婚できない女としない女の違いは?

結婚できない女と、結婚しない女は、同じカテゴリにくくられることがありますが、両者にはある決定的な違いがあります。それは、子供を持ちたいと思うか、持ちたいと思わないかの違いです。

 

35歳を過ぎると、出産のリミットが近づいてきます。それまで結婚に対し、それほど願望を抱いていなかった人も、リミットが近づいていると感じると、婚活を始めるようになります。しかし、35歳を過ぎて、結婚相手を見つけることは難しくなります。出会いのチャンスはすごく減っているし、婚活をしていても、同年代の男性とお付き合いする機会は少なく、40代の男性から申し込みを受けることが多くなります。さすがに40代は嫌だなと思い、探すものの見つからない、これが、結婚できない女です。 

 

対して結婚しない女、というのは子供に対する願望がありません。30代に入れば、普通の女性なら多かれ少なかれ、子供について考えるものですが、子供を持つ願望がない女性は、そうした焦りとは無縁です。だから、婚活したり、結婚相手を探したりという行動は取りません。ならば男性に対してまったく興味を失っているのかというとそうではなく、ステキな恋愛はしたいと考えています。そして、男性、ひいては結婚、ひいては子供という願望が自分の中で大きな割合を占めているのではなく、全体の一部として取らえられています。仕事や趣味など、結婚と同程度重要視するものをもっています。だからしなくてもいいと思っているのです。

 


オーネット

★入会金+初期費用 109,800円、翌月からの会費 14,280円
オーネットは楽天グループが運営する結婚相談所で、会員数も約34700人(男性約1万8200人、女性約1万6500人)と結婚情報業界最大級の会員数となっています。オーネットでは、200項目にも及ぶ希望条件を基にして、お互いの理想に合ったお相手候補6人を毎月紹介してもらえるようになっています。もちろん、年間2000回以上も行っているイベントやパーティでお相手を見つけることもできますし、会員誌やWebでの検索からも探すことが出来ます。また、担当のアドバイザーが付いてくれるので、婚活に関する疑問や悩みに対して応えてくれるなど全面的にパックアップしてくれます。